先輩社員紹介

true

ソフト設計グループ

伊東 真吾(24歳)

出身:摂南大学  理工学部 機械工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    ソフト設計:VisualBasicを用いたソフトウェアの作成。

    私は装置の制御やデータの取込などを行うソフト設計を担当しています。主にお客様が見たり、触れたりすることが多いのがソフトだと私は思っています。また、実際に装置を使用するのは装置のことをあまりよく知らない作業員の方だったりもします。そのため、お客様が求めているものを理解し、誰もが使いやすく初めて触る人にもわかりやすいインターフェースのソフト設計をすることを大事にしています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お客様が実際にソフトを使用して喜んでくれたこと。

    私が入社以来手掛けたソフトの中で、2つ目のソフトを作成した時の話です。その頃は、まだ自信もなく技術的にも今よりも未熟でした。そのソフトは、試験片が破断したら試験を停止させるという機能がありましたが、作成過程では試験片が破断しても試験が停止しなかったり、自分の思い通りにいかないことや、分からないことがたくさんありました。また、お客様からの追加要望も続き、悩む時間が多くなり、自分の技術で応えられるか?という不安でいっぱいでした。しかし、試行錯誤しながら自分なりに努力し、平日夜、土日は家でプログラムの勉強をするなど理解を深めたことで、少し時間はかかりましたが、結果として自分自身満足のいく出来になりました。装置を納品し、お客様が実際にソフトを使用して喜んでくれている姿を見た瞬間が1番嬉しかったです。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    社員の方や社内の雰囲気

    私は就職活動で何社か面接を受けてきましたが、1次面接から社長と1対1でお話したのは当社が初めてで、驚いたことを覚えています。また、和やかな雰囲気で進めてくれたのであまり緊張もすることなく、素の自分で話すことが出来たと思います。2次面接でも同様で、素の自分が出せるこの会社で働きたいという気持ちが強くなり、入社することに決めました。
    実際に1年半働いてみて、学ぶことが多くしんどい時もありましたが、上司や先輩方がフォローしてくださったことで乗り越えることが出来たので、会社を選ぶ上で社員や社内の雰囲気はとても大事だと思いました。

これまでのキャリアソフト設計グループ(現職:今年で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動での面接は1番の不安要素だと思いますが、覚えてきたことを話すのではなく自分の言葉で話してほしいと思います。自分の言葉で話したほうが自分の考えや思いが伝わりやすいと思うからです。面接官の方に数十分の間で自分がどんな人間か分かってもらえるように、日頃からイメージしておき、本番で効果的にアピールしましょう。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 実験・研究装置の製作

    true

    製造部

    相澤 洸(27歳)
    東京理科大学  理学部応用物理学科 卒
  • 材料試験機の設計

    true

    技術部設計グループ

    樋口 祐馬(25歳)
    大阪産業大学  工学部 交通機械工学科 卒
連絡先:
≪株式会社米倉製作所≫
〒554-0024 大阪府大阪市此花区島屋4-4-3
TEL:06-6464-6066